面倒なバーベキューコンロの掃除を楽しくするコツがある!

●バーベキューコンロの一般的な洗い方
バーベキューは楽しいけれど、後片付けのときは罰ゲームの気分になります。
コンロが冷めるのを待って炭を取り出し、金属製のたわしでゴシゴシこすり落とす。
場所によっては洗い場が無かったりして結局、家に持ち帰り翌日にお手入れ・・。
ほんと、悲しくなる

●これを使えばあっという間にお掃除完了!
一度こびりつくと掃除が大変な焦げ付き。
コンロが傷みやすい調味料の塩分。
これらを、防ぐには、コンロにアルミホイルを敷き詰めてから、炭をのせてしまうのが一番合理的です。
アルミホイルが、炭で焼け焦げてしまうこともあるので、二重・三重に敷き詰めることをお薦めします。
最近は、100均でもバーベキューコンロ用の厚手のアルミホイルや、コンロに敷き詰めやすいように工夫されたトレー型の物も出ていますから、これを使わない手はありません。
肉汁もハムのかけらも調味料も、焼き網をすり抜けてコンロにこぼれ落ちるのが当たり前と開き直って、こぼれても大丈夫なように最初からコンロを守ってしまいましょう。

バーベキューが終わり後片付けの時間になった時、完璧に敷き詰めたつもりでも、やっぱりこびりついているのが焼け焦げです。
これを気持ちよく落とすために、ワイヤーブラシ(細い針金がブラシの様になっている)と軍手は必需品。
ガスバーナーがあれば、最強です。
中途半端な焦げは、完全に炭化させた方が掃除が楽です。

素手で触るには、まだ熱い状態のコンロも軍手があれば大丈夫!
こびりついている焼け焦げを、ワイヤーブラシでこそげ落とすのは意外と快感です。
炭が冷えたら、アルミホイルごと包んでポイ!
後は、軽く洗い流しガスバーナーで乾燥。
サラダ油をなじませておけば、翌日のお手入れをしなくて済みます。

●達成感と段取りでノンストレス
段取りよく計画的に掃除を進めていくと後片付けも結構楽しいものです。
ジッパー付きのストックバッグを数個用意し、重曹を入れて持っていきます。
掃除を始めるタイミングで水を入れて溶かしてから、そこにトングやスプーンフォークなどをつけておくと油汚れが落ちやすくなりますし、溶かした重曹の液をキッチンペーパーに浸しバーベキューコンロの取手や足の部分の油ハネのベタベタをふき取ってしまえば、帰宅後の片づけが楽になります。
コンロの炭が残っていたら、割りばしを燃やします。
その時、焼き網を裏返して、焼き網に着いた食材の破片を、炭になるまで完全に焼ききってしまえば、ワイヤーブラシでこするだけで綺麗になり、ゴミも減らせます。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒ダニ捕りロボは効果あり?その評判はどうなんでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です