最近ラジオ聴いてますか?

私はラジオが好きなので定期的に聴いているのですが、
友人などに聞いても誰も聴いてないと言います。

もしかしてラジオを聴いてるのは化石なのかと思い
ネットで調べてみたら、化石というほどでもないが
やはり聴いていない人が多い模様。


かくいう私もネットラジオに出会うまでは
しばらくラジオからは離れていましたが・・・

昔は受験生には必需品だった気もします。
( オールナイトニッポンとかよく聴いてたなー)

聴くと答えた人で普段は聴かないが地震や台風などの非常時などに
利用するという人がいるもいるみたいですね。

私はラジオが好きなのですが、好きな番組が深夜に多いということもあり、
ラジオ録音ソフトを利用してます。

このソフトは全国各地のラジオ番組も聴けるので、
両親が住んでいる田舎に地震や台風などの非常時があった時も
チェックできるので重宝しています。

最近はネットでラジオが聴けるのですが、
昔のアナログなラジオより音質がかなりきれいに聴こえます。
それこそ台風の時なんかネットラジオは強いんじゃないでしょうか。

最近はあまり聴かれなくったラジオ。
ラジオファンの方はこのローカルな感じも好んで聴いているのかもしれませんがね。

ローカル過ぎてラジオ放送自体が無くならないよう願います。

ソーダ水はなぜソーダって言うの?

炭酸水のことをソーダ水っていいますよね。あれ、どうしてソーダ水って言うか、ずっと疑問に思っていました。
ソーダって、英語でナトリウムのことなんです。

炭酸水は、二酸化炭素を水に溶かしたもので、ナトリウムなんか含まれていません。
随分昔から不思議に思っていたんですけど、だれに聞いてもちゃんとした答えはかえってこないし、調べるのもなんだか大変そうで。

でも、最近ついに調べてみました。ネットで。

わかりました。

炭酸水は、今は二酸化炭素を直接水に溶かして作るんですが、昔はレモン水などの酸に重曹、つまり重炭酸ナトリウム(重炭酸ソーダ)
を溶かして、その化学反応で、炭酸を発生させて作っていたということです。

ソーダ水という名前はそのときのなごりで、今もそのまま使われているということのようです。
ちなみに、英語でも炭酸水はソーダと呼んでおり、日本語のソーダ水はその引用のようです。

でも、ネットの世界って便利だと思いませんか。

昔なら、こんなこと調べるのに、図書館で半日はかかったと思います(それでも判ったかどうか)。
それが、ネットでは10分かかりませんでした。便利になったものだと思います。