ソーダ水はなぜソーダって言うの?

炭酸水のことをソーダ水っていいますよね。あれ、どうしてソーダ水って言うか、ずっと疑問に思っていました。
ソーダって、英語でナトリウムのことなんです。

炭酸水は、二酸化炭素を水に溶かしたもので、ナトリウムなんか含まれていません。
随分昔から不思議に思っていたんですけど、だれに聞いてもちゃんとした答えはかえってこないし、調べるのもなんだか大変そうで。

でも、最近ついに調べてみました。ネットで。

わかりました。

炭酸水は、今は二酸化炭素を直接水に溶かして作るんですが、昔はレモン水などの酸に重曹、つまり重炭酸ナトリウム(重炭酸ソーダ)
を溶かして、その化学反応で、炭酸を発生させて作っていたということです。

ソーダ水という名前はそのときのなごりで、今もそのまま使われているということのようです。
ちなみに、英語でも炭酸水はソーダと呼んでおり、日本語のソーダ水はその引用のようです。

でも、ネットの世界って便利だと思いませんか。

昔なら、こんなこと調べるのに、図書館で半日はかかったと思います(それでも判ったかどうか)。
それが、ネットでは10分かかりませんでした。便利になったものだと思います。

バッテリーチャージャーの使い方も完璧

仕事や家の事などとても忙しく、最近全く出掛けていなかったなと思い、今人気のスポットを調べてしました。

ネットで色々検索していたら行ってみたい場所を何ヶ所か見付けました。

まず1つは東京スカイツリー(東京都)

もう完成してから2年以上経っていますが、開業当時の混雑具合をテレビで見てからなかなか足が進まず、興味はありましたがまだ行けていませんでした。

次に日光江戸村(栃木県)。

こちらは何度か訪れていますが、園内を歩いているだけで江戸時代にタイムスリップした気分になり楽しめるので大好きです。

手裏剣も出来るので特に大人ははしゃげます。

次は東京ディズニーリゾート(千葉県)。

私は何と言ってもディズニーマニアです。

最近は行けていませんが、昔は年間パスポートを購入して月に2~3回は必ず訪れていました。

最後に森野サンプル(大阪府)。

食品サンプルを作っている工房のようで、食品サンプルの製作を体験できるんだとか。

来週から長期の休み(10日間)が取れそうなので旅行を計画中です。

自宅が田舎の方にあり車を走らせ向かうことは必須になりますので長距離移動になることは覚悟しています。

もしもの時に備えて先日買ったバッテリーチャージャーの使い方もしっかり勉強しておきました。

バッテリーチャージャーの使い方って意外と難しくないんですね。

(・・・とは言っても知識なく使用するのは危険です。)

バッテリーチャージャーの使い方も覚えたので何があっても大丈夫、無敵になった気分です(笑)

最近ラジオ聴いてますか?

私はラジオが好きなので定期的に聴いているのですが、
友人などに聞いても誰も聴いてないと言います。

もしかしてラジオを聴いてるのは化石なのかと思い
ネットで調べてみたら、化石というほどでもないが
やはり聴いていない人が多い模様。


かくいう私もネットラジオに出会うまでは
しばらくラジオからは離れていましたが・・・

昔は受験生には必需品だった気もします。
( オールナイトニッポンとかよく聴いてたなー)

聴くと答えた人で普段は聴かないが地震や台風などの非常時などに
利用するという人がいるもいるみたいですね。

私はラジオが好きなのですが、好きな番組が深夜に多いということもあり、
ラジオ録音ソフトを利用してます。

このソフトは全国各地のラジオ番組も聴けるので、
両親が住んでいる田舎に地震や台風などの非常時があった時も
チェックできるので重宝しています。

最近はネットでラジオが聴けるのですが、
昔のアナログなラジオより音質がかなりきれいに聴こえます。
それこそ台風の時なんかネットラジオは強いんじゃないでしょうか。

最近はあまり聴かれなくったラジオ。
ラジオファンの方はこのローカルな感じも好んで聴いているのかもしれませんがね。

ローカル過ぎてラジオ放送自体が無くならないよう願います。

LECの授業スタイル

「LEC東京リーガルマインド大学(レックとうきょうリーガルマインドだいがく)」は、東京都千代田区三崎町2-7-10帝都ビルに本部を置く日本の株式会社立大学です。
2004年に設置されました。
通称はLEC大学です。

そのLEC大の授業スタイルについてご紹介します。
1つ目は「分からないところや学習方法について質問や相談ができる」ということです。
市販のテキストを読んでいきなり全て理解できる人はいないと思われます。
勉強中には当然理解できない箇所が出てきたり、勉強の進め方について相談したくなるものです。
分からなければすぐに質問や相談をして解決できるというのもスクールのメリットです。
2つ目は「独学で不足しがちなアウトプット学習を自然に取り入れることができる」ということです。
試験勉強はテキストを読めば良いというものではなく、過去問や答案練習、模擬試験といったアウトプット学習を積むことではじめて得点できる力がつくものです。
スクールの講座には、独学で不足しがちなアウトプット学習が効果的に盛り込まれています。
3つ目は「モチベーションが保ちやすい」ということです。
資格試験の勉強は根気がいります。
一人で勉強しているとどうしても途中であきらめてしまいがちです。
その点、スクールを利用すれば、同じ資格を目指す勉強仲間ができたり、スクールのバックアップやサポートが受けられるので、本試験まで頑張り抜くモチベーションを保ちやすくなります。

学習スタイル

LEC東京リーガルマインド大学(レックとうきょうリーガルマインドだいがく)は、東京都千代田区三崎町2-7-10帝都ビルに本部を置く日本の株式会社立大学です。
2004年に設置されました。
大学の略称はLEC大学と呼ばれ、大学院は「LEC会計大学院」と呼ばれています。
LEC東京リーガルマインド大学は、株式会社東京リーガルマインドが設置した東京都千代田区・大阪市北区他にある私立大学です。
これは日本初の株式会社立大学であり、構造改革特区により設置されました。
通称はLEC大学です。

そのLEC大の学習スタイルについて簡単にご説明します。
1つ目は「テキストを読むだけでなく講師の説明を聞けるので、理解が進みやすい」ということです。
社会保険労務士試験で出題されるのは、労働関係や社会保険関係の法律です。
どの科目も非常に難解なので、市販のテキストで一から自分で勉強するのはかなり大変です。
かりに理解できたとしても相当の時間が必要になるでしょう。
スクールではプロの講師が難解な法律をかみくだいて説明してくれるので、合格に必要な基本的知識を着実に身につけることができます。
2つ目は「最新の試験傾向や法改正などの情報収集がしやすい」ということです。
社会保険労務士では法改正に関する問題も多く出題されます。
また、一般常識科目では試験委員対策も必要になります。
これらの情報は独学ではなかなか入手しにくいので、スクールを活用するメリットがあります。

知っておこう

LEC東京リーガルマインド大学(レックとうきょうリーガルマインドだいがく)は、東京都千代田区三崎町2-7-10帝都ビルに本部を置く日本の株式会社立大学です。
2004年に設置されました。
大学の略称はLEC大学と呼ばれ、大学院は「LEC会計大学院」と呼ばれています。
LEC東京リーガルマインド大学は、株式会社東京リーガルマインドが設置した東京都千代田区・大阪市北区他にある私立大学です。
これは日本初の株式会社立大学であり、構造改革特区により設置されました。
通称はLEC大学です。
いわゆる学校法人の大学とは違う株式会社による大学設置として、規制緩和による学校多様化のあり方のひとつとしてのモデルケースです。
そのLEC大の学習スタイルについて簡単にご説明します。
LEC大は「スクールのノウハウを生かした教材、カリキュラムで効率的な学習」を行います。
社会保険労務士の試験範囲は膨大です。
一方、大半の人は仕事や家事と両立しながら勉強しなければいけません。
いかに「効率的に」勉強するかが重要となっています。
スクールの講座は、最近の出題傾向や試験の難易度を分析のうえで、試験範囲の中でどのような項目に重点を置いたらよいか、どんな方法で勉強したら最も効果的かという観点から練りに練られています。
無駄なく、無理なく合格するためには、スクールのノウハウを活用するのがとても効果的です。
興味のある方は試してみては如何でしょうか。

LEC東京リーガルマインド大学とは、

LEC東京リーガルマインド大学(レックとうきょうリーガルマインドだいがく)は、東京都千代田区三崎町2-7-10帝都ビルに本部を置く日本の株式会社立大学です。
2004年に設置されました。
大学の略称はLEC大学と呼ばれ、大学院は「LEC会計大学院」と呼ばれています。
LEC東京リーガルマインド大学は、株式会社東京リーガルマインドが設置した東京都千代田区・大阪市北区他にある私立大学です。
これは日本初の株式会社立大学であり、構造改革特区により設置されました。
通称はLEC大学です。

LEC東京リーガルマインド大学の授業は「面接授業」と「メディア授業」という2つの形態が存在します。
面接授業とは「学生と教員とが直接対面して行う」授業であり、メディア授業とは「あるキャンパスで行われている授業をテレビ会議システムで同時中継し、その他のキャンパスで受講する形態」の授業のことです。
希望者は大学の運営母体であるLEC東京リーガルマインド(資格試験予備校)の通学講義を無料で受けることが出来ます。
なお、過去問などの一部の書籍代は有料の場合があるようです。
長期休暇中に通信講座を無料で受けることも可能となっています。
ただし、大学の講義と資格予備校の完全分離を文部科学省に勧告されたため、資格試験予備校の講義は大学の単位付与の対象となりません。
これは、予備校のビデオ授業をそのまま大学の授業として利用していたことを指摘されたためです。

LECの講義動画をダウンロードする方法

資格試験リーガルマインドを徹底活用

東京リーガルマインドは資格取得のための通信講座を行っている学校です。通称LECです。通信講座が有名ですが、実は全国に校舎があり、普通の授業もやっています。ただし、難易度の高い資格を受験するのは大抵社会人です。働きながら校舎に通うのはあまり現実的ではありません。そもそも行ったとしても講義動画を見るだけだったりするので、自宅学習をお勧めします。

LECの通信講座で人気なのは行政書士、司法書士、社会保険労務士です。どれも取得できたらそれだけで生きて行けるような便利な資格ですね。当然簡単には合格できません。LECでの勉強が1年で終わったら奇跡です。実際には数年以上かかるのが普通です。でも実は毎年LECの更新契約をしても、授業の内容は一緒です。1年で終わらせることもできるし、数年かけることもできます。しかし時間をかければかけるほどお金もかかります。

それなら最初に契約した段階でLECの講義動画や資料を全部ダウンロードすればいいと思いませんか?ダウンロードしたらログインする必要もなくなります。煩わしい進捗チェックもなくなります。DVDに書きこんでテレビで見たり、通勤途中に聞くこともできるようになります。つまりどう考えてもダウンロード保存したほうがお得なのです。動画保存ソフトはいろいろありますので、要チェックです。